『シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア』タイカ・ワイティティ監督の傑作モキュメンタリー

先日『マイティ・ソー/バトルロイヤル』が公開されました。
大作映画の監督に選ばれたのは、コメディアンでもあるタイカ・ワイティティ監督。彼の日本公開されていた数少ない映画の一つです。

そんなタイカ・ワイティティ監督(何回も言いたくなる名前)ですが、今回紹介する『シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア』。
モキュメンタリー形式の映画となっています。
モキュメンタリーって?今までのヴァンパイア映画とはどう違うの?
様々な角度で紹介していこうと思います。

ストーリー紹介

ヴラド、ヴィアゴ、ディーコンそしてピーターは数百年生きる吸血鬼(ピーターは2000歳)。4人仲良く一つ屋根の下でシェアハウスをしている。
そこへあるカメラが潜入。彼らの生活を追う。
平和に生活していた彼らだが、大学生のニックをピーターが噛み、彼も吸血鬼に。
ニックが入ったことで今まで行けなかったクラブやバーに行けるようにはなったが、段々と4人の秘密の生活が壊れていく…

モキュメンタリー映画とは

モキュメンタリー映画。なかなか聞きなれない言葉だと思います。
英単語のmock(意味:擬似、あざ笑う)とドキュメンタリーを掛け合わせた言葉です。
つまり、ドキュメンタリーを模した、ドキュメンタリー風のフィクション映画ということです。
代表作品には何があるのでしょう?
少し挙げてみましょう。

『食人族』・・・・・1980年/イタリア
人が人を食うというとても恐ろしい映画です。最近はイーライ・ロス監督が『グリーン・インフェルノ』という映画をこの映画からインスピレーションを受けて作りました。面白いので是非。
『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』・・・・・1999年/アメリカ
約600万円の制作費で作られ、全世界で約200億円を売り上げたホラー映画です。モキュメンタリー形式では一二を争うほど有名です。
『パラノーマル・アクティビティ』・・・・・2009年/アメリカ
言わずと知れたホラーの大ヒット作。こちらは『ブレアウィッチ・プロジェクト』よりも少ない約150万円という超低予算で作られ、約200億円の興行収入を達成しています。
『大日本人』・・・・・2007年/日本
松本人志監督の作品です。すいません、未見ですがこれもモキュメンタリー形式のようです。
『トロール・ハンター』・・・・・2010年/ノルウェー
学生がトロール・ハンターと彼が狙うトロールを目撃する映画です。大きなトロールがあたかも現実にいるかのように表現されています。凄い。

これくらいでしょうか。
他にもウディ・アレン監督の作品などでもあるのですが、今回はこれくらいで。
さて、モキュメンタリー映画の特徴ですが、
・低予算
・学生などが主人公
・ホラーが多い(ロケ場所が少ない)
・手持ちのカメラで撮影出来る
となります。
そうなのです。モキュメンタリー形式というのは、低予算でも、実際に観ている側が体験している(ドキュメンタリーのような)距離で映画を作れるため、共通点が多くなっています。
しかし、どれも二番煎じという訳ではなく、とても面白い作品が多くあります。
そして今回紹介する『シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア』。モキュメンタリーとしては例外的なコメディ映画となっています。

今までのヴァンパイア映画と何が違うの?

ヴァンパイア映画と聞いて何が思い浮かぶでしょうか。
1922年に作られたヴァンパイア映画の元祖であるドイツ映画『吸血鬼ノスフェラトゥ』、イギリスのテレンス・フィッシャー監督による1958年公開の『吸血鬼ドラキュラ』、ヒュー・ジャックマン主演の『ヴァン・ヘルシング』、みんな大好き『ブレイド』シリーズ、ティーンズが大好き、『トワイライト』シリーズ。
吸血鬼を題材にした多くの映画はホラーであったり、アクションであったり、恋愛であったりします。
その中で切り込み番長的に吸血鬼×コメディで掛け合わせている『シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア』はかなり異例となります。
吸血鬼が現代に生きていたら?という内容を面白おかしく作っています。
この映画の何が面白いって、世に存在しないものを真剣に考えて、それを客観的に見て笑う。自分を笑う。こう言う映画はとても好きです。

ちなみにヴィアゴを演じるのは監督本人。イケメンです。

いかがだったでしょうか、『シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア』。






みやざわ支配人LINE
みやざわ支配人LINE

気になる事は、みやざわ支配人に直接質問できます。

「映画館の気になるアレコレ」「映画鑑賞前のトラブル」など、気になる事はwith Theaterの支配人に直接聞いてみよう!
LINEの友だち追加でなんでも聞けちゃいますよ。

友だち追加



PROFILEわたしが書きました。

いとうMgr.

某大手シネコンにて、アルバイトスタッフとして4年間勤務して、喜びも悲しみも味わった男性。
映写技師からポップコーンの販売まで、4年間勤めてみればアルバイトのほとんどをこなせるようになっていた。好きな映画はエドガー・ライト作品。大手シネコンではエドガー・ライト作品は中々上映されず、当時は憤りを抱いていた。