もっとお得に映画を観よう!たくさんある映画館の割引をご紹介。

映画が大好きでよく映画館を利用する人はもちろん、年に数回だけ映画館に足を運ぶ人も「できるなら、割引を利用して安く映画を楽しみたい…」と思いますよね。

というのも、最近の映画の基本料金は1800円〜1900円とちょっとお高め。でも割引をうまく利用すれば、1100円〜1200円で映画が観られるんです。

そこで今回は、映画館の割引サービスを条件別にまとめて一挙にご紹介します。

「自分が観に行こうと思っている日に割引があるか」「いつなら安く映画を観られるのか」ぜひ確認してみてくださいね。

この記事では、一般的な映画館の割引サービスをまとめています。そのため、劇場によっては対象外だったり、日にちや曜日、時間帯が違ったりすることもございます。割引の詳細は、各映画館のHPにてご確認ください。

日にちや曜日、時間帯によってある割引

まず、曜日や時間帯によってお得に映画を鑑賞できる割引についてご紹介します。

ファーストデイ(毎月1日)

毎月1日はファーストデイ。観たかった映画を1100円〜1200円でお得に観るチャンスです。

多くの劇場で全国的に導入されている割引サービスで、曜日にかかわらず開催されます。

1日が土日・祝日ににあたる月はかなりの混雑が予想されるため、事前にチケットを予約しておくと安心です。

映画の日(12月1日)

12月1日は“映画の日”で、多くの劇場でたったの1000円で映画が観られます。

ちなみに映画の日とは、日本の映画産業発祥を記念して映画産業団体連合によって設けられた記念日のことです。

1年に1回という貴重なサービスデイですが、数ある割引サービスの中でも一番お得なので、かなり狙い目ですよ。

モーニングファーストショー(平日の初回上映)

平日の初回上映、かつその回が午前中に始まる場合は、“モーニングショー”や“ファーストショー”といって、映画が1300円〜1400円で観られます。

「早起きは三文の得」とはまさにこのこと。仕事のスケジュールが合う人は、平日の朝に映画館に足を運ぶといいでしょう。

ただ初回上映といっても、午前中や午前10時までなどの条件を設けている劇場が多く、初回上映が午後や夜の場合は適用されませんのでご注意くださいね。

レイトショー(毎日20時〜)

平日や土日に関わらず20時以降に上映される映画は、“レイトショー”扱いとなり、1300円〜1400円で鑑賞できます。

劇場の立地によっては平日のレイトショーはかなり空いていることが多いため、お得にかつ快適に映画館を満喫したい人におすすめです。

ただし、18歳未満のお子さんがいる場合、上映終了時刻が23時を過ぎる回はたとえ親と一緒でも入場できないのでご注意を。

年齢や性別によってある割引

続いて、特定の年齢や性別を対象とした割引サービスをご紹介します。

シニア割引(55または60歳〜)

55歳または60歳以上の方には“シニア割引”が適用され、1100円〜1200円で映画を鑑賞できます。

年齢は劇場によって異なりますが、大手シネコンだとイオンシネマでは「55歳以上」、MOVIXやTOHOシネマズでは「60歳以上」となっています。

曜日や時間帯にかかわらず「いつでも」利用できる割引ですので、観たい映画が気軽に楽しめそうですね。

夫婦50割引(夫婦のどちらかが50歳〜)

“夫婦50割引”とは、夫婦のどちらかが50歳を超えていると適用される割引のことです。

曜日や時間帯にかかわらず、一人あたり1100円〜1200円、二人で2200円〜2400円とコスパ良く映画が楽しめます。

大手シネコンだと、イオンシネマやMOVIXで導入されています。平日の夜や休日に、まったり二人で映画デートはいかがですか。

レディースデイ(女性・水曜日)

多くの劇場では、毎週水曜日に“レディースデイ”が導入されています。

女性なら誰でも、1100円〜1200円でお得に映画を鑑賞できます。

ちなみに、男性の方だと「メンズデイはないの?」と疑問に思うかもしれませんが、メンズデイを導入している劇場は現時点ではごくわずか。

知名度が低く、あまり普及していない割引サービスなので、男性の方は他の割引サービスを狙いましょう。

その他割引

次に、その他の割引サービスをご紹介します。

映画館によって異なる!サービスディ

上で紹介した割引サービスに加えて、劇場ごとにお得なサービスデイが設けられています。

  • MOVIXデイ(毎月20日)
  • TOHOシネマズディ(毎月14日)
  • 109シネマズの日(毎月10日)

劇場によって日にちが異なるので、近くにある劇場のサービスデイは欠かさずチェックしておきましょう。

ハンディキャップ割引

障がい者手帳を保有している本人と同伴の方2名まで一人あたり1000円で映画を鑑賞できます。

多くの場合は、チケット購入時に手帳の提示が必要です。

団体割引

15名〜20名以上のグループで映画を鑑賞する場合、「団体割引」が適用されます。

細かな規定や割引額は劇場によって異なりますが、一般的に事前に申し込みを行うことで、一人あたり1400円〜1500円ほどで映画を楽しめます。

ただし、グループメンバーがそれぞれ異なる作品や上映回を鑑賞することはできません。

この団体割引については、こちらで詳しくご紹介してますので、ご興味ある方はぜひこちらの記事もご覧ください。

イベントなどにも最適な、映画の団体割引についてご紹介!

2021年2月20日

割引を利用してお得に映画を楽しもう!

今回は、映画館のお得な「割引サービス」をまとめてご紹介しました。

すべての割引サービスをまとめると次の通りです。最後にもう一度おさらいしておきましょう。

  • 毎月1日:ファーストデイ
  • 12月1日:映画の日
  • 平日の初回上映:モーニングショー
  • 毎日20時〜:レイトショー
  • 50 or 60歳以上:シニア割引
  • 夫婦のどちらかが55歳〜:夫婦50割引
  • 女性(水曜日):レディースデイ
  • 各映画館で独自に開催:〇〇デイ
  • 障害者手帳提示:ハンディキャップ割引
  • 15〜20名以上の団体:団体割引

割引サービスを利用すると、一回あたり400円〜600円も費用を抑えて鑑賞できるので、かなりお得です。

これらの割引サービスをしっかりと把握して、お得に映画を楽しみましょう。






みやざわ支配人への質問受付中
みやざわ支配人への質問受付中

気になる事は、みやざわ支配人に直接質問できます。

「映画館の気になるアレコレ」「映画鑑賞前のトラブル」など、気になる事はwith Theaterの支配人に直接聞いてみよう!
LINEかTwitterでなんでも聞いてみてくださいね!

友だち追加
 

ツイートを見る



PROFILEわたしが書きました。

みやざわ支配人

with Theaterの支配人です。
7年間大手シネコンで劇場マネージャーを務めたのち、デザイン・マーケティングの仕事を経て独立。今でも映画館の仕事は素敵だと思っています。尊敬する人物はジャッキー・チェン。仕事でトム・クルーズに会った時に緊張し過ぎて顔が白くなった経験あり。