シリーズ最新作!『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』ネタバレなし解説

やってきました『ミッション:インポッシブル』の夏。トム・クルーズが今回も暴れまわるスパイアクション映画。1996年以来、シリーズ6作目となる最新作。まずはネタバレなしで映画の概要、外枠の部分の解説を行っていきたいと思います。

ネタバレありのレビューはこちら。

ネタバレあり『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』レビュー

2018.08.05

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』について

まずは作品の概要とチケットの割引情報から。

ストーリー

イーサン・ハント率いるIMF(Impossible Mission Force)チームは、盗まれたプルトニウムを使ったシンジゲートによる大規模テロを防ぐためのミッションを受ける。今回のミッションはCIAの諜報員ウォーカー同行の元、ホワイト・ウィドウという女性活動家やジョン・ラークと呼ばれる正体不明の危険分子を追う。

パリを中心に核爆発テロを防ぐために奮闘するイーサンチーム。その中で、イーサンと恋仲になった元シンジゲートの潜入諜報員、イルサと再開し…。

割引・入プレ情報

前売り券あり(ムビチケ)
サービスデイ等劇場による
入場者特典なし

入り具合

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』ですが、公開日の2018年8月3日に地方映画館にて昼の回を鑑賞しました。入り具合は、ほぼ満席。さすがMIシリーズの人気と言いますか。意外なことに客層は、老若男女問わず、色々な方が鑑賞していました。

混雑予想と上映終了予測

これから混雑が予想されるミッションインポッシブルのポスター

映画館の元スタッフが、『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』の混雑予想と上映終了時期の予測を行っていきます。

混雑予想

夏の大作の一つということもあり、平日休日問わず夏休み期間中は混雑が予想されます。特にレイトショーなど、映画のチケット代が安くなる時間帯は要注意。折角行っても席が取れないという可能性も。

ただしこの混雑ですが、恐らく公開2週目(8/17以降)にはもう落ち着いていると予想されます。今すぐ観たいわけじゃない!混雑は嫌!という方は盆明けまで待つのもありです。

上映終了予測

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』ですが、恐らく二ヶ月間は上映していると予想されます。ただし、上映回数は段々と減っていき、レイトショー中心の上映となっていくと予測します。

元々トム・クルーズファンと言えば若年層よりも少し年配の方が多いので、そういった方々が観に行く時間帯はレイトショーが多いからです。午前中やお昼しか行けない方はお早めに!

『ミッション:インポッシブル』シリーズの歴史とスタッフ

では作品に少し深入りして、『ミッション:インポッシブル』シリーズの歴史とスタッフの紹介を。

シリーズ6作目

『ミッション:インポッシブル』といえば、スパイアクション映画の代名詞。元々は『スパイ大作戦』というアメリカのテレビドラマの映画化作品でした。

第1作の『ミッション:インポッシブル』は、今のようなゴテゴテのアクション映画ではなかったのです。あくまでもスパイ映画。監督も、ブライアン・デ・パルマという『ファントム・オブ・パラダイス』や『スカーフェイス』など、アクション映画を撮りまくってる、という監督ではありませんでした。

第3作目あたり(J・J・エイブラムス監督)から、アクションに振り切っていき、その後回を増すごとにトム・クルーズのアクションも大胆かつ過激になっていきました。

スタッフと登場人物

シリーズ通して登場している登場人物(今作に関わるキャラ中心)であげていきます。

  • イーサン・ハント(トム・クルーズ)・・・IMFの諜報員。第1作目では変装が得意なスパイ。
  • ルーサー・スティッケル(ヴィング・レイムス)・・・元CIA退職者、ハッキングのスペシャリスト。唯一1作目から登場しているチームメンバー。
  • ベンジー・ダン(サイモン・ペッグ)・・・3作目から登場。コンピューターに関する知識やメカニック、コメディ的な立ち位置
  • ジュリア・ミード(ミシェル・モナハン)・・・3作目で登場。イーサンの元妻。今はゴーストとして身分を隠して生活。
  • イルサ・ファウスト(レベッカ・ファーガンソン)・・・MI6のスパイで、シンジゲートに潜入捜査していた。5作目から登場。
  • ソロモン・レーン(ショーン・ハリス)・・・犯罪組織「シンジゲート」のボス。5作目でイーサンに捕まった

今作『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』を観るにあたって、これくらい覚えておけば大丈夫です。

あと今回『マン・オブ・スティール』のスーパーマン役、ヘンリー・カヴィルが出演。いったいどんな役なんでしょうか。

監督とトム・クルーズの関係

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』の監督は前作から引き続きクリストファー・マッカリー監督。彼なのですが、脚本家としては『X-MEN』や『ウルヴァリン:SAMURAI』(共同執筆)などのアメコミ作品にも関わっていました。

特にトム・クルーズとはよく仕事をしていて、作品全体にトム・クルーズ成分がMIシリーズよりはるかに多かった『アウトロー』という作品の監督をしていたり、日本のラノベ原作の『オール・ユー・ニード・イズ・キル』の脚本を書いていたりと、近年のトム・クルーズ作品に度々関わっています。

前作とのつながり

今回ですが、過去作との繋がりは結構あります。特に、3作目の『ミッション:インポッシブル3』と5作目の『ミッション:インポッシブル/ローグネイション』は復習がてら観ておいた方がいいです。

過去作についてはHuluにて配信中です。






みやざわ支配人LINE
みやざわ支配人LINE

気になる事は、みやざわ支配人に直接質問できます。

「映画館の気になるアレコレ」「映画鑑賞前のトラブル」など、気になる事はwith Theaterの支配人に直接聞いてみよう!
LINEの友だち追加でなんでも聞けちゃいますよ。

友だち追加



PROFILEわたしが書きました。

いとうMgr.

某大手シネコンにて、アルバイトスタッフとして4年間勤務して、喜びも悲しみも味わった男性。
映写技師からポップコーンの販売まで、4年間勤めてみればアルバイトのほとんどをこなせるようになっていた。好きな映画はエドガー・ライト作品。大手シネコンではエドガー・ライト作品は中々上映されず、当時は憤りを抱いていた。