『アベンジャーズ:インフィニティ・ウォー』待望の予告編公開!ストーリーを大解剖!

映画の予告編というのは、無駄なワクワク感と、その内容を予想して友と語り合うためにあると思っています。予告編を見ながら、(一方的ですが)『アベンジャーズ:インフィニティ・ウォー』の内容についてあれこれ考えてみましょう!

みなさんお待ちかね!MARVELのヒーローシリーズ、マーベル・シネマティック・ユニバース(以下MCU)の『アベンジャーズ:インフィニティ・ウォー』の予告編が公開されました!D23(ディズニーの発表イベント)にて来場者限定で予告編が公開され、その映像が一部リークしていましたが、今回ようやく公式発表となります。

予告編大解剖!〜アイアンマンチーム編〜

今回公開されたティザートレイラー。1シーンずつ解剖していきたいと思います。リークされた映像と今回の公式予告編、異なる映像となりますので、リーク映像の文字情報を踏まえつつ、ストーリーの解剖を行いたいと思います。

冒頭のシーン。アイアンマンことトニー・スタークが地球ではなさそうな場所でうなだれています。誰かの手を握っている?感じがします。リーク映像の予告では、スパイダーマンが強敵サノスに打ち負かされ、倒れてしまっているシーン(今回の予告にもあり)から、握っている手はスパイダーマンの手?と予測できます。

続いてこちら。またまたハルクことブルース・バナーは落ちてきてしまったようです。それをドクター・ストレンジとウォンが見下ろします。ロンドンに落ちてきた?さらに下記の画像から察するに…

まずはドクター・ストレンジ、アイアンマン、ブルース・バナーが集結する流れでしょうか。その後の予告映像では、『ブラック・パンサー』の故郷ワカンダでハルクとブラックウィドウことナターシャが再会するシーンがありますね。ハルクだけむさいおっさん連中を置いて大好きなスカジョの元へ行くようです。

予告編大解剖!〜スパイダーマン編〜

お次がスパイディ。スパイダーマンことピーター・パーカー。配給会社の呪縛を逃れ、MCU合流を前提とした単独映画『スパイダーマン:ホームカミング』が公開されたのを皮切りに、アベンジャーズへと合流します。まずは予告編における初登場シーン。

スパイダーマンの能力である「スパイダーセンス」でサノスの脅威を感じ取っているようなシーン。スパイダーセンスって映像化したらこうなるんですね。普通に腕毛が立っています。さらに今回のスパイダーマンは一味違う。

なんと!『スパイダーマン:ホームカミング』のラストにてトニー・スタークから渡されそうになり断った、社長特注のスーツを着こなしています。効果音からはほぼ金属でできていそう。ちなみに原作では、アイアンマンから蜘蛛の足が三本生えている様な「アイアンスパイダー」スーツをもらっています。

そんな彼も、サノス御大にボコボコにされてしまっている様子。スパイダーマンが目撃し、乗っている(画像左上)円形の宇宙船の様なものは何でしょうか?ゲートを開くもの?形状的に『マイティ・ソー:バトルロイヤル』の最終シーンに出てきた、サノスの「サンクチュアリⅡ」と言う乗り物っぽいですが…。

さて、スパイダーマン。どうなるのでしょうか。トム・ホランド版『スパイダーマン2』の公開も決まっている様ですし、サノスに殺されてしまう…と言うことはなさそうですが、冒頭の打ちひしがれるアイアンマンと、彼らの関係を察するに痛い目に合いそうです…。

予告編大解剖!〜ロキ先輩〜

『マイティ・ソー:バトルロイヤル』にて和解?したロキ弟氏ですが、不穏な動きが…。予告編より彼の登場シーンを抜粋してみましょう。

やっぱり持って行ってた!『マイティ・ソー:バトルロイヤル』のラストで、サーター(でっかい燃えてるやつ)を召喚するためにオーディンの宝物庫に入ったロキが、コズミック・キューブを見つけてしまいます。このキューブにはスペース・ストーンが入っているため、サノスに付け狙われてしまった…というのが『マイティ・ソー:バトルロイヤル』のおまけ映像でありました。

ロキが跨いでいるのは一緒に逃げたアズガルドの住人?ということはサノスの宇宙船ごとやられてしまったのでしょうか。コーグやワルキューレはどのように合流するのか。ロキはどうなるのか。ソー組の動向が気になります。

予告編大解剖!〜キャプテン・アメリカチーム編〜

『キャプテン・アメリカ:シビルウォー』にてワカンダに隠遁したキャップ。彼がいなければアベンジャーズは始まらない。勿論戻ってきます。

はい。ヒゲ面です。浮浪者かな?盾もアメリカの象徴である星のマークも失った彼は、髭剃りも忘れてしまった様子。ワカンダでのんびりと暮らしていたのか。『アベンジャーズ:インフィニティ・ウォー』公開一月前に公開される『ブラック・パンサー』の単独映画にてその辺が語られそうですね。そしてキャップの見方をして幽閉されてしまったスカーレットウィッチは…

誰だ!そう、ヴィジョンですね。俳優のポール・ベタニーが全面顔出し。あの赤い顔はどうなってしまったのでしょうか。ヴィジョンの核でもあるインフィニティ・ストーンの一つマインド・ストーンはしっかりとそのおでこに。しかし…

あああああああああああああああああ!やはり、奪われそうな予感。マインド・ストーンを奪われると流石にヴィジョンは機能停止状態になるのでしょうかね?ヴィジョンを痛めつけている敵はブラック・オーダーのコーヴァス・グレイヴです。今作初登場のヴィラン。ではこのままヴィラン編にいきましょう。

予告編大解剖!〜ヴィラン編〜

先述したブラック・オーダーですが、原作では上の画像のような構成のサノスに従うヴィランチームです。今作ではコーヴァス・グレイヴ(左2)、プロキシマ・ミッドナイト(右2)、ブラック・ドワーフ(左1)、エボニー・マウ(右3)が出るとされています。

見ての通り、凶悪です。サノス一味として扱われているのですが、それが実写化されるとしたらどうなるのかとても気になっていました。まあ、ヴィジョンもあそこまで2.5次元化できたのだから、心配ないでしょう。そんな彼らも、予告編で登場しています。

まずはサノス御大。ジョシュ・ブローリンが演じています。彼は2018年6月公開の『デッドプール2』にもデッドプールのライバル?というより腐れ縁のケーブル役でも出ています。引っ張りだこなジョシュ・ブローリンですが、どことなく面影は残っていますね…。

続いて予告中にキャプテン・アメリカに槍のような武器を投げる、このヴィラン。おそらくこれがプロキシマ・ミッドナイトでしょう。何でしょう、昔のパワーレンジャーとかの女性悪役みたいな雰囲気が漂っていますが大丈夫なのでしょうか。

予告とは異なるリーク映像の中には、同じ場面でヴィランに蹴りを入れるファルコンの映像がありました。恐らく、ヴィジョンとスカーレット・ウィッチがこのヴィラン達に襲われているところに、キャプテン・アメリカチームが登場して助けに来ると予想されます。

予告編大解剖!〜お待ちかね!編〜

キタキタキタキターーーーーーーー!我らが『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』チームの参戦です。サノスにぶっ飛ばされた?ソーを拾い、まずは彼と合流する様子の一向。グルートも少し大きくなっています。ネヴュラはどのタイミングで合流するのでしょうか?

 

今回公開された予告編。2018年5月公開を考えると、そこそこ遅い予告の公開となりましたが、これから徐々に多くの情報が映像と共に明らかになっていくでしょう。日本公開は2017年4月27日と一足早い(グッジョブ!!)ので、公開までああだこうだと予測するのを楽しみましょう。






みやざわ支配人LINE
みやざわ支配人LINE

気になる事は、みやざわ支配人に直接質問できます。

「映画館の気になるアレコレ」「映画鑑賞前のトラブル」など、気になる事はwith Theaterの支配人に直接聞いてみよう!
LINEの友だち追加でなんでも聞けちゃいますよ。

友だち追加



PROFILEわたしが書きました。

いとうMgr.

某大手シネコンにて、アルバイトスタッフとして4年間勤務して、喜びも悲しみも味わった男性。
映写技師からポップコーンの販売まで、4年間勤めてみればアルバイトのほとんどをこなせるようになっていた。好きな映画はエドガー・ライト作品。大手シネコンではエドガー・ライト作品は中々上映されず、当時は憤りを抱いていた。